秋の味覚

朝晩はだいぶ気温が下がってきて、もうすでに秋という感じですね。
秋になると、毎年恒例のように、糖尿病患者様の中には血糖コントロールが悪化する方が見えます。
なぜだかご存知ですか?
 
岐阜の秋の味覚といえば、柿です。
柿の季節になると、自宅に柿の木があったり、ご近所から頂いたりするので、ついつい食べ過ぎてしまうようです。
食べたい気持ちは痛いほど分かりますが、「ちょっとだけ・・・」が積み重なると、そのツケがドーンとまわってきます。
 
糖尿病と上手に付き合っていくためには、我慢せず、開放的になりすぎず、ご自身の食欲と上手に向き合っていけると良いですね。

<<次の記事へ   前の記事へ>>