血液検査でわかる、がんの早期発見(マイクロアレイについて)

マイクロアレイとは、がん細胞の発現を遺伝子レベルで判定できる血液検査法です。
早期のがん細胞の発見が、血液5mlのみで95%の精度で検出できる新しい検査方法です。
現在、胃がん・大腸がん、早期発見が困難と言われる膵臓がん・胆道がんに対して、1回の検査で上記4つのがんの判定が可能です。将来的にはもっと多くの癌に対応できると期待され、当院ではこの検査法を行っています。血液は金沢大学の研究機関で検査をしていただきます。自費診療になりますので、くわしくは当クリニックまでご相談ください。

[ウィンドウを閉じる]