関節エコーについて

当院では、関節リウマチの診断や治療経過を診ていく際に関節エコーを施行しています。
関節液貯留や滑膜肥厚の程度を把握し、ドップラーによる血流増加の程度にてリウマチの活動性を判断していきます。
日本リウマチ学会認定の関節リウマチソノグラファー(検査技師)と一緒に検査を行います。

[ウィンドウを閉じる]